1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 皮膚の病気・症状 >
  4. 粉瘤(表皮嚢腫) >
  5. 粉瘤ができる原因と部位別の対処法、予防法はあるのか? >
  6. 粉瘤ができる原因と部位別の対処法、予防法はあるのか?の1番目の画像

粉瘤ができる原因と部位別の対処法、予防法はあるのか? の1番目の画像


粉瘤(表皮嚢腫) 粉瘤のメカニズム 出典:medley.life

粉瘤はアテロームとも呼ばれます。
本来、剥がれ落ちるはずの垢や肌の油脂が、何らかの原因で皮膚の内部に袋(嚢胞)を作って、中にそれらの老廃物が溜まっていくものです。

良く見ると中央部分に開口部があって、時間とともに酸化して、先が黒くなっている場合もあります。
見た目が似ているので、ニキビと間違えて粉瘤をつぶすように押すと、中から白っぽい内容物が出てくる場合もあります。

固形の場合と液状の場合がありますが、溜まった垢や皮脂なので臭い匂いがすることもあります。

同じ記事に掲載されている画像

この画像が掲載されている記事

粉瘤ができる原因と部位別の対処法、予防法はあるのか?
粉瘤ができる原因と部位別の対処法、予防法はあるのか?

粉瘤とはどんな疾患なのか知っていますか?身体のいろいろなところにできる良性の皮膚の腫瘍です。だんだん大きくなったり化膿して赤く腫れてきたりすることもあり、...

2016-08-29